2013年04月22日

iPhoneでアプリを入れようとして「Account not in This Store」などと怒られた時の対処方法

最近 「ふえぇ、iPhoneでアプリ入れようとしたら変なメッセージが出ちゃったよぉ……。助けて麦汁おにーちゃんさん><」 とか言われて調査したのでついでにブログエントリにしておく。

現象としてはアプリを入れようとしたら 「Account Not in This Store Your account is not valid for use in the U.S. store. You must switch to the Japanese store before purchasing.」 などと怒られる模様。

で、ググってたら以下のページが出て来た。 http://pilotaz.blogspot.jp/2012/09/account-not-in-this-store.html

英語のページだけどここに書いてるので解決するっぽい。 ってことで、やり方二つ載ってるからその部分だけ適当に和訳した。 言語環境を日本語にしているのに合わせて直したりしている。

まず、1つ目。

自分のApple IDとパスワードは覚えてる前提だけど、 まあアプリ取る時必要だからわかるよね。

  1. 「設定」アプリを起動する
  2. 項目「iTunes&App Stores」を開く
  3. 自分のApple IDをタップする
  4. ポップアップの「サインアウト」をクリック
  5. 自分のApple IDとパスワードを入力して「サインイン」をクリック
  6. 終了。

これでアプリのインストールできるって上記ページに書いている。 だけど多分こっちは正攻法じゃあない。

というわけで2番目の正攻法っぽいやつ。

  1. 「設定」アプリを起動する
  2. 項目「iTunes&Apple ID」を開く
  3. 「Apple IDを表示」をタップ
  4. 「国または地域名」をタップ
  5. 「国または地域名を変更」をタップ
  6. 「Store」を「日本」に設定して「次へ」をタップ
  7. 「同意する」をタップ
  8. ポップアップの「同意する」をタップ
  9. 「請求先情報」から「なし」を選んで「次へ」をタップ
  10. 「おめでとうございます!」などと出るので右上の「終了」をタップ
  11. 後は普通に使えるようになってるはず。

って感じ。

先方は結局どっちを試したのかわからんけどまあDLできるようになったようだから良し。

タグ:iPhone
posted by 麦汁 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

コマンドtypoった時にzshから勝手につぶやくようにした

@siritori 氏が時々 「えりっくさんが本日初めてのtypoをしました。 #shellinfo」 などとtweetさせているのを見て、 うわあ僕もやりたあい! なんて思ってたのでとりあえず実現してみました。 いわゆるパクリってやつです。

事前に つぶやき専用コマンド tweet-command を試してみた: 麦汁三昧 で導入している tweet-command が必要になります。

それからタイトルでzshと書いているように zshを使っている必要があります。 必要なバージョンは知らないけど5.0.0とか使ってればきっといけるよ!

で、以上の条件が整っていれば後は簡単。 以下の関数を~/.zshrcにでも放り込んでおけばいける。

command_not_found_handler () {
  echo "zsh「ふえぇ、麦汁さんまたtypoだよぉ……。$0 なんてコマンド存在しないよぉ……」" | tweet > /dev/null 2>&1 &
  return 127
}

こうしておけば例えば

$ sl

なんてよくあるtypoした時などに

zsh「ふえぇ、麦汁さんまたtypoだよぉ……。sl なんてコマンド存在しないよぉ……」

どうやらzshちゃんはcommand not foundな時に command_not_found_handler って関数を定義していればそれを実行してくれるらしいよ!

とりあえずechoで文を吐いてそれをtweetコマンドに食わせて tweetコマンドの標準出力、標準エラー出力は盛大に投げ捨てて、 すぐ帰ってくるようにつぶやく処理はバックグラウンドに投げてる。

関数の最後のreturn 127 は再度エラーを投げ直しているような感じ。

@siritori 氏のshellinfo は回数を数えてたりもするようだけど 今回はとりあえずcommand not foundを拾うのだけ……。

タグ:zsh typo
posted by 麦汁 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | zsh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

Emacsが死んだ時に勝手に嘆きTweetするようにした

基本的にEmacsがないと何もできないほどにEmacsに依存しているので Emacsが突然死してしまった場合に備えて 自動的にTwitterに向けて嘆くようにしてみました。

環境はMax OS XにてHomebrewで入れたEmacs23ちゃん。多分CocoaEmacsってやつ。

あと、事前準備として つぶやき専用コマンド tweet-command を試してみた | 麦汁三昧 で導入したtweet-commandが必要。

でまあ、とりあえず Emacsの死活監視のためのshell scriptの用意。

死んでる間に何度でもつぶやこうとされたら困るので つぶやいた後は ~/.emacs.dead というファイルを生成し、 それがある場合にはつぶやかないようにしている。

#!/bin/sh

emacs_process=`/bin/ps ux | grep Emacs.app | grep -v grep`

if [[ ${emacs_process[@]} = "" ]] ; then
  file="$HOME/.emacs.dead"

  if [[ ! -e $file ]] ; then
    echo "Emacs落ちたし帰りたい @mugijiru" | tweet
    touch $file
  fi
fi

こんな感じのを ~/bin/check_emacs.sh とかいう場所に適当に保存して実行権限を付与。

そしてcrontabで

PATH="/Users/mugijiru/bin:/Users/mugijiru/.rbenv/shims:/bin:/usr/bin:/usr/local/bin"

* * * * * check_emacs.sh

とでも書いておけば、 毎分毎分Emacsが生きているかを確認して死んでいたら嘆くことができる。

しかしまあ、ひとしきり嘆いた後には再度Emacsを立ち上げるわけで そいつがまた死んだ時も嘆きたいわけで。

そのために、Emacsを起動した時には 嘆いて後に作られる「死んでるの確認したよ」のファイルを削除してあげたい。

ってことで ~/.emacs.d/init.el の最後の方にでも適当に

(if (file-exists-p (expand-file-name "~/.emacs.dead"))
    (delete-file (expand-file-name "~/.emacs.dead")))

とか書いておく。

これでEmacsが再び死んだ時にも嘆くことができる。

なんだけどこれだと(滅多にしない)正常終了時にも嘆いちゃうので、 ~/.emacs.dead を作成してから死ぬことに。 こいつがあればcheck_emacs.shちゃんが嘆かないからね。

ってことでやはり ~/.emacs.d/init.el の最後の方に

(add-hook 'kill-emacs-hook
          '(lambda nil
              (shell-command (concat "touch " (expand-file-name "~/.emacs.dead")))))

なんて書いておく。

以上で 「Emacsが異常終了したら自動的に嘆きTweetをする」 ってのが実現。

というわけで私がTwitterで 「Emacs落ちたし帰りたい @mugijiru」 などとつぶやいている時は哀れんでやってください。

posted by 麦汁 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする