2011年06月18日

EmacsでGoogleMapを使うのだ

土曜日で時間に余裕があるというかもっとわかりやすく言うと暇だったので、 コーヒー飲みながら el-get のrecipeファイルが置かれているディレクトリを眺めていたら、 google-maps.el というのを見付けてしまった。

えー、なになにー? Emacs で Google Map が動くのー? いやいやそんなまさかまさか。

ってことで試しに導入してみた。

el-get-install で google-maps を指定したら、とりあえずDLはされた。 が、バイトコンパイルで失敗。 だが麦汁はそんなことではめげない男だ。 っていうか成功したことの方が少ないw

ってことでとりあえず

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/el-get/google-maps")
(require 'google-maps)

してみたら、(require 'json)で、ファイルがなくて失敗しているっぽい。

ってことでこれもel-getで手に入れられそうだったので el-get-install から……ってやってみたけど、 なんか500エラーのファイル捕まされた。

まあいいやってことで

$ wget http://edward.oconnor.cx/elisp/json.el

で ~/.emacs.d/el-get/json/に放り込んでおいた。

んで、そいつを使えるようにするために

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/el-get/json")
(require 'json)

そして google-mapsの方をrequireし直し。

それから

M-x google-maps

したら

Location:

ってプロンプトが出るのでそこに適当に

Location: 那覇市

とか入れたら地図が出る。正直びびったw

で、あとは ">" とか "↓" とかでズームインしたり移動したりできる感じ。

一応わかった範囲でキーバインドを並べると

+ズームイン
>ズームイン
.ズームイン
-ズームアウト
<ズームアウト
,ズームアウト
zズーム数字を直接入力する
Zzoom-removeズームをデフォルトに戻す
北へ移動
南へ移動
西へ移動
東へ移動
g再読込
t地図タイプ変更衛星写真とかに切り替え
w地図画像URLコピー
q終了

あとは google-maps-static-manage-markerとかあるけど面倒だからいいや。

さらにどうやら、 org-modeとも連携できるみたい!

@myuhe google-maps.el,org-modeとの連携もできますよねー

http://twitter.com/myuhe/status/81870034238058496

ってことで試してみるなーう。

とりあえず

(require 'org-location-google-maps)

して、

C-c M-L すると、M-x google-maps した時みたいに 「Location: 」ってプロンプトが出るのでそこに「那覇市」とか放り込むと そのエントリのプロパティとして

:LOCATION: Naha, Okinawa Prefecture, Japan

って入ってくる。

その状態で C-c M-l すると、別windowに そのロケーションでgoogle-mapsを立ち上げてくれる感じ。

これで待ち合わせの時もorg-mode + google-maps.el が大活躍だね!

posted by 麦汁 at 10:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>正直びびったw
このページを拝見しまして、自分もやってみました。
びびりましたw
Posted by 通りすがり at 2013年01月20日 14:07
びびりますよねーこれは
Posted by 麦汁 at 2013年01月21日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210478483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。