2011年11月23日

HerokuでRails2製アプリにTimeZoneとLocaleを設定する方法

HerokuでRails2製のアプリを動かしているのだけれども localeは何故かenだったりjaだったりするっぽいし、 timezoneも何故かJSTじゃなくてGMT?だったりして どういうことなのムッキーしてました。

config/environment.rbにはちゃんと

config.time_zone = 'Tokyo'

しているのに効かねえしなーくっそー。

って思ってたら、herokuコマンドで環境変数を放り込めるんですね。

$ heroku config:add TZ=Asia/Tokyo
Adding config vars:
  TZ => Asia/Tokyo
Restarting app... done.
$ heroku config:add LANG=ja_JP.UTF-8
Adding config vars:
  LANG => ja_JP.UTF-8
Restarting app... done.

こんなんで直ったよーわーい。 (どうせ俺しか使わないからって)一ヶ月ぐらい放置してたけど助かった!



posted by 麦汁 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。