2012年01月09日

Homebrew で Formula を書き換えて patch を当てる方法

多分あんまり日本語の記事書かれてないから適当に書いていく。 この間のw3mをbuildするためにやったやつだけど。

patchを一つだけWebから引っ張ってくるなら、 patches ってメソッドを定義する。 っていうか多分オーバーライドなんなんだけど。 まあオーバーライドしてその返り値としてpatchのURLになるようにする。 こんな感じ。

def patches
  "http://projects.qi-hardware.com/index.php/p/openwrt-packages/source/file/master/w3m/patches/003-GC_set_warn_proc.patch"
end

で、一つならこれでいいんだけど、patchが複数ある場合は、 返り値がハッシュになる。 こんな感じ。

def patches
  { "1" => "http://projects.qi-hardware.com/index.php/p/openwrt-packages/source/file/master/w3m/patches/001-disable-host-libs-detection.patch"
    "2" => "http://projects.qi-hardware.com/index.php/p/openwrt-packages/source/file/master/w3m/patches/003-GC_set_warn_proc.patch" }
end

w3mのパッチは、同じところに4つほど転がってるのでこれで全部当てちゃってもいいかもしれない。 それぞれのパッチが何をしているからわからないけどな! ってことで自分はGCのやつしか当ててませんが。

posted by 麦汁 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック