2013年03月29日

つぶやき専用コマンド tweet-command を試してみた

Terminal.app から気軽に一方的につぶやきたいなあと思って そういうのができるようなのがどこか転がってないかなあって探してたら tweet-command という物を見付けたのでそれを試してみた。

まず、このtweet-commandというものがRuby製のコマンドなので Ruby1.9.3または2.0.0が動く環境でも用意しておいてね。

麦汁さんはrbenv+ruby-buildな環境で2.0.0-p0をインスコして

$ rbenv global 2.0.0-p0

とかしてる。

嘘ついてた。2.0.0じゃなかった……。 rvmの1.9.3使ってた……。 rbenvの2.0.0だとSSLエラーになってる。

それから適当なディレクトリにtweet-commandをgithubからcloneしてくる。 hubコマンドを入れてあれば

$ hub clone tomoari/tweet-command

でOKだしgitコマンドさえあれば

$ git clone git://github.com/tomoari/tweet-command.git

でいける。けどhubコマンドのが楽よね。

それからこのリポジトリのREADMEのインストール手順にも書いてるように 適当にPATHの通ってるところにsym linkを張る。

$ ln -s ~/path/to/tweet-command/tweet.rb ~/bin/tweet

ちなみにREADMEには 「Ruby (1.9.3 での動作しか確認していませんが、1.8.7でも動くかもしれません)」 と書いてますが force_encoding とか使ってるので1.8.7では怒られます。 怒られたから2.0.0使ってる。

で、認証通しておくために一度

$ tweet

しておく。

すると認証用のURLが出て来るのでそれをWebブラウザのアドレス欄にコピペして ユーザ名、パスワードを放り込んで承認したら PINコードが表示されるのでそれを元のTerminalに入力。 それが済んだら ~/.tweet に認証情報が放り込まれる。

そこでおもむろに

echo 'オンドゥルラギッタンディスカー!' | tweet

みたいに標準入力をパイプで渡してあげればつぶやいてくれる感じ。 お手軽!

ただこれTwitter API 1.1用ではないのよね。 恐らくURLのバージョン番号を書き換えるだけでいけると思うから 誰かforkして対応してね(はぁと)

タグ:twitter
posted by 麦汁 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353252186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。