2013年06月20日

FuelPHP用のEmacsのマイナーモードfuelphp-mode.el作ってる

ここ半年ぐらいお仕事でFuelPHPというPHPのMVCフレームワークを触ってる。

このFuelPHPというフレームワーク、 理由はよく分からないけど、どうやら日本で人気らしい。

人気らしいんだけども、 どうもいまいち開発をサポートしてくれる環境が見当たらない。

というかEmacsでのサポートが欲しかった。 欲しかったから、半年ぐらいサポート的な何かが出るのを待ち続けてみた。 出なかった。少なくとも見つけられなかった。

というわけでタイトルの通り、自作中。

とりあえずGithubに上げてます。 https://github.com/mugijiru/fuelphp-mode

というわけで以下説明。 ほぼREADMEのコピペ。

fuelphp-mode.el

概要

FuelPHP の開発をサポートするためのマイナーモード

インストール

fuelphp-mode.el をload-pathが通っているところに置いて

(require 'fuelphp-mode)

使い方

FuelPHPプロジェクト内のファイルをfind-fileで開くと自動的に有効になります。 また、FuelPHPプロジェクト内のファイルを開いている時に

M-x fuelphp-mode

を実行することによりよっても有効になります。

コマンド

FuelPHPマイナーモードが有効な時には以下のコマンドが使用できます。

コマンド機能
C-c . f mModelファイルを開く
C-c . f cControllerファイルを開く
C-c . f vViewファイルを開く
C-c . o sサーバを起動する
C-c . o cコンソールを起動する
C-c . gfuel/app内をgrepする

カスタマイズ変数

fuelphp-tags-file-name

FuelPHPプロジェクト内で利用しているタグファイルの名前。 プロジェクトROOT直下にこの変数で指定された名前のタグファイルがあるものとして検索されます。

デフォルト値: TAGS

posted by 麦汁 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366986160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。