2020年05月24日

Emacs でタイトルバー非表示のためフレームの移動ができない問題を解消した

前提

フルスクリーン時の見栄え重視で、タイトルバー非表示のオプションを付けてインストールした Emacs を使ってる

課題

たまにフルスクリーン解除するけど、その時に移動させるために掴むタイトルバーがなく、 移動ができなかったのがつらかった

解決方法

の組み合わせで解決した。

詳細

frame-cmds.el にはフレーム操作のためのコマンドがいくつか用意されている。 今回利用したのは

  • move-frame-right
  • move-frame-left
  • move-frame-up
  • move-frame-down

のみ。

それぞれ Emacs のフレームを移動するコマンド。

それをな、 pretty-hydra でこうじゃ。

(pretty-hydra-define window-control-hydra (:separator "-" :title "Window Control" :exit nil :quit-key "q")
  ("Move"
   (("h" move-frame-left  "Left")
    ("j" move-frame-down  "Down")
    ("k" move-frame-up    "Up")
    ("l" move-frame-right "Right"))))

hydra は :exit を設定することで 連続したコマンドを入力できるようになるのでそれを設定している。 あとは vi っぽいキーバインドで移動する感じ。

実際の挙動と設定変更は https://github.com/mugijiru/.emacs.d/pull/58 の PR に書いてるので、気になる方はご参照あれ。

タグ:hydra Emacs
posted by 麦汁 at 14:08 | Comment(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: