2020年06月01日

Emacs でプレゼン資料を作る方法 - org-beamer-mode 編

1 はじめに

1.1 この資料の目的
  • 最近久々に登壇したのだけど、その時に org-beamer-mode を使った
  • 使ってみたことを記録しておきたかった

2 各プレゼン資料作成ツールの簡単な説明

2.1 プレゼン資料作成ツールのリスト

Emacs でプレゼン資料を作るためのパッケージ類は 自分が最近調べた範囲だと

  • org-re-reveal
  • org-tree-slide
  • org-beamer-mode

の3種類がある。

org-* に偏ってるのは、多分 org-mode で使えるやつを探してたから(あんまり覚えてない)

2.2 org-re-reveal
2.3 org-tree-slide
2.4 org-beamer-mode

3 org-beamer-mode

3.1 選択理由
  • PDF が生成されるので資料共有がしやすいから
  • 試しに変換してみたらそれっぽい見た目になったから
  • 慌てていたから正直あまりちゃんと検証はしてない
3.2 利用に必要なもの
  • Emacs
  • org-mode
  • Ghostscript
  • LaTeX 環境
    • 今回試したのは macOS 向けの BasicTeX
3.3 BasicTex の用意1
  • こんな資料を読むような人は Emacs も org-mode も入れてるとは思うので LaTeX 環境の用意のみ書いておきます。
  • 大体 https://texwiki.texjp.org/?BasicTeX に書いている内容です。(自分はそれだけだとちょっとつまづいた……)
3.4 BasicTex の用意2
  • BasicTeX のインストール
  • 最新版までアップデート
    • $ sudo tlmgr update --self --all
  • デフォルトの用紙サイズを A4 にする
    • $ sudo tlmgr paper a4
3.5 BasicTex の用意3
  • 日本語環境を入れる
    • $ sudo tlmgr install collection-langjapanese
  • latexmk を入れる
    • $ sudo tlmgr install latexmk
3.6 BasicTex の用意4

資料作成中、変換時にエラーになった時に適当に入れてみたやつ org-latex-default-packages-alist に入ってるから入れておいた方が良さそう

  • capt-of
  • wrap-fig
    • wrapfig.sty という画像の回り込み用のスタイルファイル
    • $ sudo tlmgr install wrap-fig
3.7 latexmk の設定
  • 自分は ~/.latexmkrc にこう書いておいた。
  • なぜなら https://texwiki.texjp.org/?Emacs%2FOrg%20mode に書いてる通りだとうまくいかなかったから。
  • 上記 URL では emacs lisp で設定している内容を .latexmkrc に移動しているだけ
  1. 設定例   B_exampleblock
    $latex='uplatex %S';
    $bibtex='upbibtex %B';
    $biber='biber --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
    $makeindex='upmendex -o %D %S';
    $dvipdf='dvipdfmx -o %D %S';
    
3.8 Emacs の設定
  1. 設定例   B_exampleblock
    (setq org-latex-pdf-process '("latexmk -gg -pdfdvi %f"))
    
3.9 資料の設定1
  1. 設定例   B_exampleblock
    #+LATEX_CLASS: beamer
    #+LATEX_CLASS_OPTIONS: [dvipdfmx,presentation]
    #+OPTIONS: H:2 toc:t num:t author:t
    #+LATEX_HEADER: \usepackage{pxjahyper}
    #+LATEX_HEADER: \usepackage{beamerthemeshadow}
    #+LATEX_HEADER: \RequirePackage{fancyvrb}
    #+LATEX_HEADER: \DefineVerbatimEnvironment{verbatim}{Verbatim}%
    #+LATEX_HEADER: {fontsize=\scriptsize}
    #+TITLE: Emacs でプレゼン資料を作る方法 - org-beamer-mode 編
    #+AUTHOR: 麦汁
    
3.11 簡単な使い方
  1. org-mode のファイルを開く
  2. ファイル先頭に資料用の設定を入れる
  3. M-x org-beamer-mode で org-beamer-mode を有効にする
    1. C-c C-b で各ブロック毎に columns とか exampleblock とか付けて加工する
  4. 最後に M-x org-beamer-export-to-pdf とかすると PDF 出力される
3.12 うまく PDF が出力できない時は
  • *Org PDF LaTex Output* エラーを眺めて頑張る
  • 大体 tex ファイルまでは生成されるのでコマンドラインから latexmk を叩いて確認してみる
    • dvi まで出てるかとかの切り分けができる、はず

4 最後に

4.1 これから実際に出力される資料
4.2 まとめ
  • org-beamer-mode を使うと org-mode から LaTeX Beamer の PDF が吐けて良い
    • コマンドを整えたら org → tex → dvi → pdf が一発で済む
    • org-mode という書き慣れたやつでプレゼン資料が作れて便利
4.3 今後やっていきたいこと
  • org-beamer-select-environment とか使い倒したい
  • theme 変更したい
  • Linux でも使ってみたい
  • org-tree-slide なども試してみたい

ただし興味が尽きたらやらなくなるはず……w

タグ:org-mode beamer
posted by 麦汁 at 09:57 | Comment(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: