2020年05月03日

org-gcal から試しに予定の登録と削除をしてみたメモ

忘れそうなので自分用にメモ。

1年以上 org-gcal を使ってる。

けど実際にやってることは、 org-gcal-fetch で Google Calendar の情報を時々取得してきて org-calfw や org-agenda で確認できるようにしているぐらい。

が、そろそろなんとなく、 Emacs から予定の登録を試したくなった。 org-gcal の仕組み上、できるはずだし。

というわけで導入時に読んだ https://qiita.com/clothoid/items/73a937a22eeeb82c3ee7 の記事を改めて読んだけど まあよくわかってない

M-x org-gcal-post-at-point でカーソル位置の内容をカレンダーに登録

を見ると、これを使って登録はできそうだが……? という感じ

GitHub の方を見ても

org-gcal-post-at-point

Post/edit org block at point to Google calendar.

という感じなので、書いてることはほぼ一緒……。

じゃあやってみるしかないか、ってことで Google Calendar を同期しているファイルの中で

* test from emacs
  <2020-05-03 日 17:00-17:15>

this is test

とか書いて そこから `M-x org-gcal-post-at-point` としてみた。

で、何故か Got error: (error http 404) [3 times] というように 3回ほど 404 を拾って来たものの Google Calendar への登録は成功してたし、 PROPERTIES として LINK と ID が設定されたのでよしとする

そのあたりの情報があるので、恐らくそのまま編集もできるのだろう。 コマンドの説明には編集できるって書いてるし。

で、登録されたテストの予定は邪魔なので、今度は試しに消してみるとする org-gcal-delete-at-point を使えばいけるはず……

というわけでやってみたら、 「マジで消す?」的な英語のメッセージが出て、「yes」と答えたら Google Calendar からも org ファイルからも消えた。これは便利げ。

今回同期しているファイルの上で試しているけども、 多分、そのファイルじゃなくても別の org ファイルから登録することもできるはず。

ということは GTD 的に使うとすると Inbox に溜め込んでおいて Inbox から振り分ける時に `org-gcal-post-at-point` とかしておいて その後に org-gcal-fetch でもすれば同期用ファイルに入ってくるはずかな。 今度試してみよっと(今日は満足したのでそこまでやる気がしない)

posted by 麦汁 at 11:17 | Comment(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分離型キーボードの左右を繋ぐ micro usb ケーブルを買った

昨年の夏頃、Mistel BAROCCO MD650L という分離型キーボードを買ってみて それからしばらく愛用してる。

元々ケチなので、キーボードを含めた周辺機器についてはあまり金をかけてなく、 基本的にこだわりもないけど、 このキーボードは分離型なのが気に入って購入した。

分離型の何がいいかは、ノートPCを使ってるので 普通のキーボードだとノートPCを奥に追いやる必要が出て来て 奥側スペースが余分に必要になるのと、ディスプレイが遠くなるのが問題なのだけど、 分離型だとノートPCの左右にバラして配置できるので ディスプレイが遠くならなくて便利。

あとは、一目見て、変わったキーボードだと分かるところ。 使ってるとまるでデキるプログラマっぽく見えそうだからだ。イメージ戦略である。

また、この製品は分離型キーボードとしてそこそこコンパクトでありつつ、 以前の型? である MD600 とは違い、カーソルキーがあったので、 キー数的に十分かなと。 カーソルキー、地味に使うから、ないと困るのよね……。 自作キーボード勢はその手のキーは削る傾向にある気がするけど、僕は軟弱者なので。

あと、このシリーズのいいところは、 自作キーボードキットの ErgoDox などとは違い、 キーの縦配列がキレイに並んでるのではなく、 普通のキーボードみたいにジグザグになってるところ。

多分 ErgoDox みたいな配列だと慣れるのに時間がかかってしまい、 嫌気が差しそうだなと思ってる。

というわけで今のところ概ね満足しているのだが、 いくつかは不満点がある。

その中の1つが、左右のキーボードを接続する付属のケーブル。 13インチの MacBook Pro を間に置いて 付属のケーブルで左右を接続すると、結構ギリギリな感じになる。 ギリギリなので USB-C のポートに大分近くなって、 結構色々なケーブルの接続に苦労する。なんとかできるんだけどね。

なんとかなるので、半年以上そのままにしていたんだけど、 最近とうとう面倒になって別のケーブルを購入した。こんなやつ。

見ての通り、ケーブルがコイル状になってるので、引き伸ばすことができる。 つまり、これがあると、 分割された左右のキーボードを結構離して配置することができる。

ということで、ギリギリの幅でなんとか配置していた状態を解消できて便利になった。

ちなみに同シリーズで今年発売された MD770 の方は LED で光るし F1-F12 もあるしバッククォートもあるし 今回問題に上げてた付属されてくる左右の接続ケーブルがコイル状になってるのでとっても良さそう。 正直買いたい……。

posted by 麦汁 at 10:04 | Comment(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

自分の Emacs の設定ファイルで make-local-variable を setq-local に書き換えてるので調べてみた

調べたっていうかググったら tadsan の Qiita の記事に一瞬で辿り着いた。 https://qiita.com/tadsan/items/9d287a57c26711387043

setq-local 内部的に make-local-variable をした上で setq をしてくれる便利なマクロらしい。 便利なので今後はこれを使うことにしよう。

あと手元の設定ファイルを見てたらまだ3行 make-local-variable がいるので 近々修正しておこう

posted by 麦汁 at 23:25 | Comment(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする