2012年08月02日

Firefoxのタブ幅が狭くてもclose buttonを出しっぱなしにする方法(備忘録)

Firefoxでは ツリー型タブ というアドオンを使用していて そいつはタブが左側(設定によっては右)に来るから 画面があまり狭くならないように タブの方を若干狭めて使用している。

なんだけども、そうすると閉じるボタンが消えてしまって大分悲しい。 幅を取ったら復活するんだけども、タブの幅は広くしたくない。

というわけでそれをどうにかするのを調べた。2回目。 2回目なのに結構手間取った。くっそ。 ということで今日こそ自分のところの記事に残して すぐに見付けられるようにしてやる。 記事データはローカルにも保存しているし。

答えは フォクすけの Firefox 情報局 - すべてのタブに常に「×」ボタンを表示するには? に載ってるんだけども、

  1. about:configを開く
  2. フィルタ欄に"browser.tabs.tabClipWidth"と入力する
  3. 1つに絞られるはずなのでそこの値を 0 に書き換える

以上。

これで次回からはすぐにググって見付けられて幸せになれるはず。

タグ:Firefox 設定
posted by 麦汁 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。