2013年12月11日

世界の麦汁Advent Calendar 2013 麦汁さんとEmacs

どうも。 こちらの記事は世界の麦汁Advent Calendar 2013の 10日目の記事となります。

今日は麦汁さんが愛用しているエディタ、或いは環境であるEmacsについて軽くお話を書かせていただきます。

世界の麦汁ファンの皆様ならご存知かと思いますが 上述の通り麦汁さんは普段Emacsを使って開発等を行っております。

仕事では主にみんな大好きPHPを操り、そして現在では補助的にRubyや稀にPerlを使うといった感じで プログラムを書いているのですが、 プログラムを書く以外でもEmacsを活用しています。

麦汁さんがEmacs教に洗礼を受けたのは みんなよくあるパターンで、大学の頃となります。 当時は情報系の学科に通っておりまして つまりそこでEmacsについて学びまして もうそれ以来それを愛用しているといった感じですね。

といいつつ、実際に色々なプラグインを導入していくようになったのは 大学を卒業してからとなっています。

卒業後、最初に入った会社ではRoRの開発をしておりまして そこではVimによる開発を行っていたのですが まあEmacsでもOKだったのでRoR開発用に各種プラグインを入れたりして Emacs力を高めることができました。 おかげで僕のEmacsも立派に「他の人には触れない」という オレオレ仕様環境を育てることができています。

また、そのあたりをこじらせて lupin-title.elやらgalge-modeやらの 何の役にも立たないようなプラグインの開発に勤しんでおります。 嘘。あんまりやってない。

今後はそういうどうでもいいのをもっと作っていきたいところですけど 結構だるいっすよねEmacs Lisp……。

というわけで麦汁さんのEmacsにかける熱い思いでした。 あんまり熱くなかった。

というわけで 明日11日のアドベントカレンダーは誰が書いてくれるかな?

posted by 麦汁 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

xhago4に行ってきましたお

何も記事を書かないで ひたすら広告のコメントを消す生活を始めてから 一ヶ月以上経過しました。

そんな意識の低い麦汁さんですが、 2年ぶりぐらいに開かれた 「eXtreme HAGO 4(ゆぅーち)」 というイベントに顔を出して来ました。

イベント内容はというと 各々が持っているIT的なアレな話などを聞かせてくれってやつ。 直接技術的な話ではなくとも 勉強会の開き方やギークハウスの話などもございました。 まあ詳細はイベントページにて。

そして夜の部でこっそりとなんか発表しましたので こっそりと資料置いときますね。 xhago4発表資料

一応galge-modeなんていうADVゲームのエンジン的なのを作ってますよってお話。

発表資料中で「Vimは画像が出せない」なんて書きましたが 帰ってから調べてみると一応出せるようでorz そうだ Vim で画像を表示させよう - C++でゲームプログラミング

デモについては、現在使ってる素材が権利的に全くクリアされてないので これもまた後程公開できるといいなあなんて希望を抱いております。

コードの方も、もうちょっと機能を追加してキレイにしてから 見えるところに置きたいと考えています。 発表直前ぐらいまでいじりまくってて「ひー動かん;;」なんてしてたのでorz (しかも結局誤魔化した)

最後に、 今回のイベントを取り仕切って頂いたみなさん、 お疲れ様でした。

それでは、次は2週間後の ハッカーズチャンプルー で僕と握手!

posted by 麦汁 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

FuelPHP用のEmacsのマイナーモードfuelphp-mode.el作ってる

ここ半年ぐらいお仕事でFuelPHPというPHPのMVCフレームワークを触ってる。

このFuelPHPというフレームワーク、 理由はよく分からないけど、どうやら日本で人気らしい。

人気らしいんだけども、 どうもいまいち開発をサポートしてくれる環境が見当たらない。

というかEmacsでのサポートが欲しかった。 欲しかったから、半年ぐらいサポート的な何かが出るのを待ち続けてみた。 出なかった。少なくとも見つけられなかった。

というわけでタイトルの通り、自作中。

とりあえずGithubに上げてます。 https://github.com/mugijiru/fuelphp-mode

というわけで以下説明。 ほぼREADMEのコピペ。

fuelphp-mode.el

概要

FuelPHP の開発をサポートするためのマイナーモード

インストール

fuelphp-mode.el をload-pathが通っているところに置いて

(require 'fuelphp-mode)

使い方

FuelPHPプロジェクト内のファイルをfind-fileで開くと自動的に有効になります。 また、FuelPHPプロジェクト内のファイルを開いている時に

M-x fuelphp-mode

を実行することによりよっても有効になります。

コマンド

FuelPHPマイナーモードが有効な時には以下のコマンドが使用できます。

コマンド機能
C-c . f mModelファイルを開く
C-c . f cControllerファイルを開く
C-c . f vViewファイルを開く
C-c . o sサーバを起動する
C-c . o cコンソールを起動する
C-c . gfuel/app内をgrepする

カスタマイズ変数

fuelphp-tags-file-name

FuelPHPプロジェクト内で利用しているタグファイルの名前。 プロジェクトROOT直下にこの変数で指定された名前のタグファイルがあるものとして検索されます。

デフォルト値: TAGS

posted by 麦汁 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。